しみやしわをケアする方法

しみやしわを意識したスキンケア

しみやしわが、加齢とともにどんな人でも増えてしまうのは仕方のないことです。紫外線や乾燥肌のほか、健康状態やホルモンバランスも関わってきますので、全てを完璧にケアすることはほぼ不可能といっていいでしょう。

基本的なスキンケアは、しみやしわ対策をすることです。適切なスキンケアを自分の肌に合わせて実践し、肌のお手入れをしていきましょう。肌に紫外線を浴びることが、肌にしみができる要因としてはかなりを占めています。

しみの原因になるメラニン色素が、紫外線を浴びると肌に作られることになります。たくさんこの色素が増えると、肌にしみになって沈着してしまいます。

しみ対策に効果があるのは、こまめな紫外線ケアで、いつもの生活の中から紫外線予防を意識することです。車を運転する時や、短時間の外出でも、日焼け止めクリームを使うようにしましょう。

お肌に刻まれるしわの種類には、いくつかあります。小じわがまずはじめにできてくるそうです。対策としておすすめなのは、肌の角質層の乾燥などが原因ですので、保湿を化粧水などですることです。

もっと深いしわになってしまうのは、小じわが進行した場合です。健康的でストレスの少ない生活をしたり、早めに小じわをケアすることで、深いしわを防ぐことができるでしょう。

美肌成分や保湿成分を配合したスキンケア用品で、しわやしみができても諦めないで、粘り強くお手入れをしましょう。

しみやしわを隠すためのメイク

どんな人でも年をとればしみやしわができるのは当たり前のことです。毎日のスキンケアも、しみやしわ対策には大事ですが、メイクテクニックでしみやしわを目立たなくすることもおすすめです。

時間がどうしてもかかってしまうのが、スキンケアでしみやしわを解消する方法です。肌のコンディションを改善するためには毎日のスキンケアが大切ですが、とりあえず乗り切ることはメイクのやり方によってできるでしょう。

小じわは目の下にできやすいものですが、ごかますためにシリコン形の化粧下地を埋めこむ方法があります。ファンデーションが溜まらないように、肌の凹凸をなめらかにすることが可能です。

光の反射で目立ちやすいのがシワなので、おすすめなのは反射のあまりない化粧品です。ラメやパールの入ったファンデーションは避けましょう。しみのカムフラージュは、コンシーラーがよく使われます。

気になるしみの部分にコンシーラーを乗せて、ポンポンとスポンジで叩きましょう。あまり肌になじませすぎてしまうと、上手にしみがカムフラージュできません。

ワントーンファンデーションの色を暗くするという方法も、しみを解消するにはおすすめです。ファンデーションで明るいものを使用していると、肌との対比でしみが際立ってしまうからです。

しみやしわの目立たない仕上がりを目標に、メイクの方法を少し変えてみてはいかがでしょうか。

しみやしわとホルモンの関係

いろいろなことが原因でお肌のしみやしわができるのですが、女性ホルモンの分泌も理由のひとつとなっています。女性ホルモンは卵巣でつくられ、女性の心や体に深く影響します。

2種類の女性ホルモンがあり、エストロゲンとプロゲステロンに分かれるのですが、とくにエストロゲンの分泌量が増加するとしみやしわのあまりないハリのあるお肌になることができます。

肌の乾燥が進んだり、にきびが増えたり、しみが増えたりすることに影響を与えるのが、2つのホルモンのバランスです。中でもホルモンバランスが崩れることがきっかけで、肝班というしみができることがあります。

妊娠や月経不順でホルモンバランスが乱れるとできやすくなり、左右対称にできるというのがその特性です。ホルモンバランスが乱れている可能性があるのは、基礎体温を測ってみて、高体温期と低体温期の差がない場合です。

ホルモンバランスの乱れで、できたしみや肌トラブルは、ホルモンのバランスが整えば回復します。しっかりとホルモンバランスが取れていないときは肌が紫外線に弱くなっているので、とくにしっかりやらなければならないのが、紫外線の予防です。

ホルモンバランスを良くするのに、大豆加工品はおすすめの食品です。大豆イソフラボンという大豆に含まれる成分は、エストロゲンに似た性質があり、効果的に美肌を作るといわれているようです。

ホルモンバランスにも、しみやしわを減らすためには注意したほうが良いでしょう。

リンク集

 

サイトマップ